自転車における脱力と抜重(再掲載)

ベテラン選手が若いころの競技力を維持し超えるためには「心・技・体」の中の「技」を鍛える必要がある。

「体」はどうあがいても衰えていくもので、若い頃のイメージのままいると無茶をし過ぎて怪我の元になるだろう。年齢・回復力に応じて適切なトレーニング量を設定しなければならない。

ただ、それ以外の「心・技」は今まで蓄積した経験を生かせれば、更に高めていけるのだ。

今回は「技」の部分をとりあげてみる。

 

筋肉というものは、その縮んで動かすという性質上、運動中は「力を込めるより抜くほうが難しい」。

 

ペダリングの中でも円運動の方向に断続的に力を込めるのではなく、ふっと「脱力し抜重」する瞬間を作ることで筋肉が休まり、結果長時間のライドやレースでも脚が疲れにくくなると考える。

「グルグル回す」のではなく、力が最大限入る箇所で「グッと踏み、後はスッを抜く」イメージ。

LApedal

ダンシング(立ち漕ぎ)は特に技術が顕著に現れ、ダンシングが上手い選手は身体の重心移動とペダリングの抜重の連携がスムーズに行われている。坂道でいくらでもダンシングを続けられるのだ。

 

したがって、「脱力と抜重」こそ、自転車に乗る技術を高めていける一つのポイントなのだと思う。

私も身体に力が入りやすく(特に肩)、脱力があまり出来ていない実感がある。

その為、自転車を進ませるのに不必要な筋肉がついてしまう。軽さ(パワーウェイトレシオ)が重要な競技なのでこれはかなり不利になる。

「脱力と抜重」がどういったトレーニング、フォーム、マッサージ、ストレッチ、意識の持ち方等で改善されるのか?

今年のレース活動を通して、それを常に意識し実践してみて、一つの答えを導き出してみたいと思う。